腸内フローラはデリケートで繊細

腸内フローラはデリケートで繊細

TVや雑誌で話題の腸内フローラ。
この腸内フローラが人の健康に大きな貢献をしているのを知っていますよね?

 

しかも腸内フローラはとってもデリケートで繊細なのでちょっとしたことで調子を崩したりするので困ったものです。

 

ということはお腹の調子を崩すと人の体調も同じように調子を崩しやすいという事なのです。

 

いつも私たちの腸内で腸内細菌たちは戦っています。
それは腸内細菌たちの縄張り争いで生存競争を繰り広げて隙があれば縄張りの拡大を目論んでいるのです。

 

 

 

逆に人の体調が崩れたときは悪玉菌が善玉菌よりも優勢になってしまいます。
そうすと腸内の環境は悪化し腸内フローラのバランスも乱れ便秘になったり下痢をしたりしてしまします。

 

よく下痢気味が続いている・・・そんなときは善玉菌よりも悪玉菌が元気な証拠です。
悪玉菌が居座れない環境を腸内に作る事で改善できると思います。

 

では腸内環境はどのような方法で改善できると思いますか?
薬を飲む?いいえ
薬を飲んで下痢が止まったりするのは腸内環境が改善されたわけではないので誤解のないように。

 

腸内環境はいろいろなものに影響を受けています。
その影響するものを改善する事で腸内環境も改善できるのです。

 

実際は何を改善したらよいのでしょうか?
普段の食生活の改善、運動不足の改善、ストレス発散、そして病気の時に飲む薬特に抗生物質には注意しましょう。
抗生物質は腸内環境に大きく影響し悪玉菌が優勢の腸内環境となる事もよくあります。

 

このように些細な事で腸内環境は簡単に調子を乱します。
それに従って腸内フローラのバランスも崩れ調子を乱します。

 

それほど腸内フローラはデリケートで繊細なのです。

 

腸内フローラが乱れ調子を崩すと人のお腹の調子も崩れ体調も崩れていきます。
体調を良い状態でキープしたいのであればデリケートで繊細な腸内フローラを良い状態でキープしなければなりません。

 

ではそんなデリケートな腸内フローラは年を取るとやはり変化していきます。

 

驚くことに人は加齢によって悪玉菌のが増えるのです。
代表的な菌はウェルシュ菌といい、腸内で増加し悪玉菌優勢の環境となってきます。
年をとると体調が悪くなるのはこのウェルシュ菌の仕業かもしれませんね。

 

しかも老年期になるとビフィズス菌が減少してしまうのです。と腸内にたくさんいた人間の友達のようなビフィズス菌が老化とともに減少していまうのです。
それが理由で老化と共に体調にも変化が起きやすくなるわけです。

 

そのような事から老化と共に腸内環境や腸内フローラもバランスを崩し最悪の場合はガンなどの様々な病気になったりもします。

 

このように腸内フローラはデリケートで繊細なので外的要因や老化によって常に変化しています。

 

腸内環境改善サプリなどの力をかり老化に対抗するのもよいでしょう。